4月例会のご案内 名和晃平 講演会「アート/建築―近作について」

2017年度住宅部会総会の基調講演会として、名和晃平氏の講演会を催すこととなりました。
名和晃平氏は、彫刻家として活躍されている中、昨今は建築家としても大活躍されております。
世界中を飛び回っている名和さんからアートと建築についてとても興味深い話が聞けると期待しております。
 
今回は『大阪市立住まい情報センター』との共催となり、一般の方も無料でご参加頂けます。
皆様お誘い合わせの上、ご参加よろしくお願いいたします。

■ 日 時 2017年4月22日(土)16:00~17:30(開場 15:30)
■ 場 所 大阪市立住まい情報センター3階ホール
      大阪市北区天神橋6-4-20
■ 定 員 200名(申し込み先着順)
■ 参加費 無料
■ 申込み 公益社団法人日本建築家協会近畿支部「名和晃平基調講演会」係/担当・緒方
      TEL:06-6229-3371
              MAIL:jia@bc.wakwak.com

====================================================
名和 晃平
彫刻家、SANDWICHディレクター
 
1975年生まれ 大阪府出身
1999年 英国王立美術院(Royal College of Art , Sculpture course)交換留学
2003年 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期) 課程彫刻専攻修了博士号(美術)取得
2009年クリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」設立
京都造形芸術大学 教授
 
独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど 様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げながら、近年は建築、舞台の プロジェクトにも取り組んでいる。
2011年東京都現代美術館で個展「名和晃平 -シンセシス」 開催。
2016年広島県福山市に新設されたアートパビリオン「洸庭」を手がける
====================================================


↓↓画像をクリックするとPDFでご覧頂けます。

 

JIAフライヤー170410_2

20170616-1 20170616-2