PROFILE 建築家プロフィール

津田 茂

津田 茂

Shigeru Tsuda

所属
T-Square Design Associates
所在地
〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-29 北浜ビル2号館10F
TEL
06-6937-8055
FAX
06-6937-8056
Mail
info@t2designassociates.com
HP
http://www.t2designassociates.com
経歴
1970年 東京都生まれ
1994年 East Carolina University 卒業
1994年 出江建築事務所
1995年 北村陸夫+ズーム計画工房
2002年 T-Square Design Associates 設立

W0RKS 実績紹介

SoH

大阪府堺市内にある鉄骨造2階建ての5人家族のための住宅である。ここでは、敷地の中にプランを置くのではなく、敷地全体を一つのヴォリュームと捉え、それを6つの層(レイヤー)に分け、全てのレイヤーを立体的に繋いでいくという試みをしている。住宅の玄関を兼ねたガレージのレイヤー→LDKのレイヤー→子供スペースのレイヤー→ロフトのレイヤー→主寝室のレイヤー→庭のレイヤー→ガレージのレイヤーの順番で6つのレイヤーを階段で行き来しながら、元のレイヤーに戻ることが出来る一筆書きのような動線を持つヴォリュームである。各レイヤーは互いの存在感を感じられる程度に、ほどよく繋がることで、空間に流れるような動きが生まれ、それにより、立体的なプランが成立している。

frame

福井県敦賀市内に建つ、3人家族のための木造2階建て住宅である。北陸での3つ目となるこの住宅は、これまでの住宅と同様に雪対策は欠かせない。自然環境が建築形態に与える影響は大きいが、それだけではつまらない。今回は、敷地横に地域に開かれた緑豊かな公園もある。こんな個性を取り込まない訳にはいかない。勿論、遠方には野坂山も望める。そんな条件の下で設計を進めていくと、これまでの2つの住宅とは少し違った結果となった。それは、自然環境と対峙するのではなく、身近に感じてもらうこと。外に向かって開き、見たい景色を見たい場所で切り取っていく。まるで絵画のように切り取られた景色は、内と外の距離を縮め、「外」をより意識する。住まい手には、この切り取られた様々な「景色」を日々楽しんでもらいたいと思う。

summum domus

神戸市内にある中庭型住宅である。計画地は道路からかなりの高低差があり、各種斜線制限を含めた法規制が非常に厳しい地域となっている。住宅の規模は夫婦2人のための地下1階、地上2階建て。北側斜線制限ぎりぎりの範囲で内部空間を確保するため、建物の形状は自ずと斜線から導き出されているが、屋根構造自体も出来るだけ薄くする必要があった。そこで、120mm角の木材を繋ぎ合わせ、1枚の薄い曲面屋根とし、それを2階壁と繋げることで、最薄の屋根面を実現している。内部空間は120mm角の構造面がそのまま仕上げ材なので、斜線制限ラインからわずか130mm入ったところから居住空間が広がる。曲面屋根はそのまま外壁と一体化しているため、樋を無くすことも出来、すっきりとした外観に仕上がっている。

MESSAGE メッセージ

直感的な空気感が漂う豊かな住空間であるかどうか、年月の経過と共に美しく古びる空間であるかを意識しながら設計をしています。

MASTERPIEACE 代表作