PROFILE 建築家プロフィール

多田 将宏

多田 将宏

Masahiro TADA

所属
エムカーヴェー一級建築士事務所
所在地
〒530-0042 大阪市北区天満橋2丁目4-4 ロイヤルアーク花水都OSAKA 1014号
TEL
06-6352-8633
FAX
06-6352-8633
Mail
m-tada@masakunst.com
HP
www.masakunst.com
経歴
1968 大阪府生まれ
1987 関西大学工学部建築学科
1991 南海辰村建設
1998 ウィーン応用美術大学
1999 ウィーンTranspolice
2007 エムカーヴェー一級建築士事務所 設立

W0RKS 実績紹介

青山高原の家

三重県の高原に建つ別荘である。屋根の上から樹海の眺望を得るため展望台を設置し、そこに至る折り返し階段の動線を中心として計画した。窓全体に広がる木々や、木製階段ごしにこぼれ落ちる天窓よりの光、展望テラスへと続くハッチ窓と、それぞれのシーンによって異なった表情を見せる。
 建築としての別荘の機能は、雨露をしのぐだけでなく、窓ごしに山の景色を愉しみ、窓を開けて山の新鮮な空気を愉しむ等、山をそこに感じる事である。厳しい気候条件の中、湿気対策として風の通り道にも配慮した。谷から吹き上げる風を居間から2階の多目的室のトップライトへと自然に導くイメージを描いていたが、実際かなり通風は良く、夏場でももちろんクーラーは要らない。また冬の事も考え、屋根・外壁の十分な断熱、薪ストーブ、床暖房を装備している。
 四季を通じて、ここにある状況を最大限に享受する装置を心がけた

京都M邸

京都市内のマンションの、防音スタジオ付住戸へのリフォームである。施主は以前から新しい生活と音楽の為の場所を探しておられたが、一般の新築マンションでは防音の為の備えが無く、空間の自由度も低い等の理由から、中古マンションを購入して思い通りの空間を造る事を決断された。
 防音スタジオについては、防音技術的にはピアノと歌の遮音に最低限必要な性能を確保した上で、元々の開口部も生かして開放感を残している。ここでレッスンするだけではなく、普通の部屋としても機能する。プライベートゾーンは、空間をスライディングウォールで仕切り、それぞれの境界を曖昧にした。キッチンもアイランドタイプとし、広がりのある空間とした。
 防音室を使う音楽家にとってのそれは楽器の一部である。何よりもその空間を使う人が満足するものでなければならない。 使う人の身体の一部になるような空間を、これからも創っていく事が出来ればと思う。

S邸

築30年の木造建築のリフォームである。日本の多くの居宅に見られるように、田舎の大工さんによって段階的に増築されていった空間は、現代においては使わない部屋や、収納が少ない為に物があふれ出す、無駄の多い空間になってしまっていた。家族の団らんの場も、実質的に6畳一間になっていた現状を、平面的にも立体的にも広げる事から考えた。2つの和室の仕切を取り払いヒノキのフローリングを敷き込み、平屋の小屋組を表して出来た吹き抜け空間にトップライトから光を落とし込んだ。内装材は木を多用し、照明も木製の間接照明やスポットライトの柔らかい光を使い、出来るだけ自然な空間を意識した。
 当初心配されていた大空間であるが、家族がめいめいに好きな場所で食事をしたり、くつろいだり、仕事をしたりと、気兼ねせず何でも好きなことを出来る部屋となった。

MESSAGE メッセージ

人は皆、顔形も違えば性格も違います。建築もその人の数だけ種類があっていいと思います。例えば音楽家にとって楽器が身体の一部であるように、建築も住まい手が必要とする、新しいライフスタイルを創出できるような空間創りを目指しています。

MASTERPIEACE 代表作

2002 青山高原の家
2003 S邸
2008 K邸
2009 京都M邸